工場現場にイメージシートを張ろう【会社のロゴが印刷してもらえる】

躯体工事期間の活用

作業現場

近隣に対する対応

建設工事現場では躯体工事や解体工事を行う際に足場にイメージシートを設置するのが一般的です。従来のイメージシートは工事における資機材の落下や飛散を防止することが目的でしたが、最近はイメージシートを活用して自社の宣伝や工事の進捗を近隣に教宣するケースが増加しています。解体工事や躯体工事は工事内容が外部からは確認することが出来ませんので、工事の進捗状況をイメージシートを活用して提示することによって工事に対する近隣の意識を変化することが可能となります。従来のイメージシートはほとんどが白い色で汚れが目立つものが多かったのですが、最近は色の選択が可能となってきているので、周辺の環境にマッチした色を選択することも可能ですし、企業のコーポレートカラーを使用することで宣伝を行うことも重要です。イメージシートはメッシュを使用しているケースが多くなっており、丈夫で再利用が可能となりますので、汎用性の高い利用をすることもコスト面を考慮すると重要になります。躯体工事や解体工事が完了して足場を撤去するとイメージシートは必要ではなくなりますが、現場には資機材の搬入による資機材置き場の整理整頓を行う必要があるので、イメージシートを活用して雨の養生や外部に対する見た目の確保をすることは必要です。イメージシートの存置期間中は天候の急変には注意を行い、特に風には対処が必要となります。強風の際はシートを巻いて足場の倒壊を防ぐことが重要です。