工場現場にイメージシートを張ろう【会社のロゴが印刷してもらえる】

現場を効果的に活用

模型

広告の価値を高める為に

足場などが組まれている工事現場で見かける「イメージシート」は、一概には現場シートや看板シート、広告シートなどと様々な呼び名があります。建設される建物や規模によって違いはありますが、半年以上シートに覆われることが多いので、その間、無地のシートよりも広告やイメージシートを設けることで、効果的に通行人へアピールすることができます。イメージシートを作成する場合は、耐久性に優れ、屋外で仕様するので最低でも3年以上色落ちしないことが条件の一つです。従来はラミネート加工が必須でしたが、最近はラミネート加工が不要でコストが省けるものも多くなりました。また、強度としても建設現場で何か鋭利な突起物などが当たった場合、衝撃によって裂けることがありますが、そのようなトラブルも防ぐことができます。また、最近はメッシュ生地などでも鮮やかに印刷されているものも多く、軽くて、扱いやすいというのがメリットです。選ぶポイントとしては通気性があり、風が抜けやすく、丈夫で耐久性のある素材であること。また、風の強い場所でも設置できることや透視性が高いというのも重要です。会社独自のイメージシートを設置することで、周囲に向けても効果的に会社や業務内容のアピールができますし、同時に周りからの飛来物を防ぐこともできるので、建設現場では設置をお奨めしているアイテムでもあります。業者によって様々ですが、素材も選ぶこともできますし、オーダーで好きなデザインにできるものも多いです。