工場現場にイメージシートを張ろう【会社のロゴが印刷してもらえる】

土のう袋

使いやすく保管にも便利

吸水土のうとは、水を吸って膨らむ土のうです。吸っていない状態だと軽く薄いので、容易に持ち運ぶことができますし、狭い場所にも保管できます。ただし真水を吸収するものと海水を吸収するものとがあるので、場所で使い分ける必要があります。また、天日干しにすることで再利用が可能になる吸水土のうもあります。

模型

現場を効果的に活用

イメージシートは使用することによって、周囲を通る通行人に向けて効果的な宣伝効果を発揮するのはもちろんですが、安全面としても周囲への事故防止につながるので、イメージシートを設置した建設現場は近年増えてきています。

土嚢袋

浸水被害を抑える手段

店舗や企業にとって建物への浸水は大きな経済損失を与えるので、被害を最小限にとどめるための備えが欠かせません。止水板が無い場合には土のうが有効ですが、周りに土砂が無い場合には使えないので気をつけましょう。都会など、土砂が少ない土地では吸水土のうが有効です。

作業現場

躯体工事期間の活用

建設現場では工事の進捗に合わせて足場にイメージシートを取り付けます。最近はイメージシートも色や材料に多様性があり、現場の周辺環境に合わせることが可能となっています。工事の状況をシートに反映して説明することも重要です。天候の急変には注意が必要で、特に強風への対処は重要です。

作業員

土が不要な土のう袋

水害・浸水対策に使われる一般的な土のう袋は中に土を詰めなければなりませんが、吸水土のうなら土は不要です。吸水土のうの中には吸水ポリマーなどが使われており、この物質が水を吸うと短時間で何十倍にも膨らみます。普段は軽くコンパクトなので収納場所を取らず、いざという時だけ土のう袋として機能するのです。

生地で変わる宣伝効果

建設現場

安く作る方法も

企業の認知度やイメージを高めることができるとして、イメージシートは多くの建築現場で使われています。制作は業者に依頼することになりますが、細かな点について知っておくとより良いイメージシートを手に入れることができます。一般にイメージシートに使われる素材は、ターポリンと呼ばれるものです。これは強度や耐候性に優れた素材で、一度制作すれば何度でも他の現場で使いまわすことができます。生地が厚くなるほど強度も増すので、長期間使うなら厚手のしっかりしたものを選ぶようにします。強度については、生地の作り込みによっても変わってきます。例えば業者によっては、生地の周囲にロープを入れて縫い込むところもあります。これなら長く使い続けても周囲がほつれず長持ちします。ターポリンではなく、メッシュタイプの素材を使うイメージシートもあります。こちらは布地が網目になっており、風を通しやすいのが特徴です。ビル風が強い地域や高所に使うなら、このタイプがおすすめです。ただし網目になっている都合上、ターポリンを使ったイメージシートに比べると遠くからの見た目が薄くなってしまいます。はっきりとしたプリントを好むなら、ターポリンのイメージシートを選んでください。コストを抑えるには、指定された面積全体に印刷するよりも、部分的な印刷の方がお得になることがあります。部分的な印刷ならインク代が節約できるため、複数作りたい時にはロゴのサイズを小さくするなど、デザインの見直しも検討すると良いでしょう。